背面収納はキッチンでとても重宝されています

アイランド型キッチンやペニンシュラ型キッチンの場合、背面にスペースができます。そのスペースを収納や作業スペースとして利用するのが背面収納です。流し台は規格が決められていて、収納スペースは意外と少ないものです。広く使える背面の壁を、収納や調理、家事に用いることができれば、キッチンでの作業効率は著しく向上します。背面収納を成功させるためには、キッチン全体の計画と収納スペースの利用計画が必要です。背面収納の部分だけを計画しても、キッチン全体としての使い勝手が悪くては成功したとは言えません。収納部分はフレキシブルに利用できるような工夫が必要です。現状の使いやすさで収納部分を固定してしまうと、後々別の使い方が必要となったときに困ってしまいます。

キッチン全体の計画の中での背面収納

システムキッチンや背面収納も全てキッチンを構成する一つの要素です。背面収納を成功さるためには、キッチン全体の計画が必要です。新築の場合は自由な設計が可能で、リフォームでもかなりの部分を改修することが可能です。キッチンは一つの居住空間です。小規模なものを除き、建築基準法上の居室として扱われ、採光や換気のための窓、換気扇等を設置しなければなりません。勝手口も設置されることがあるので、それらとのバランスが必要です。背面収納には背面に壁が必要です。壁には窓があってもかまいませんが、収納部分との兼ね合いがうまくいくような寸法の設定が必要です。勝手口は背面には設けないのがポイントです。背面に勝手口があると、収納効率が著しく悪くなります。採光のための窓は必要で、明るいキッチンとしたいものです。

フレキシブルに利用できる背面収納の効用

背面収納は全ての部分を収納に使うのはもったいないことです。キッチンでは調理台での作業の他にも、さまざまな調理器具を使った作業が必要となります。炊飯器、電子レンジ、オーブントースターはほとんどの家庭で必要とされ、使用頻度も高いものです。背面には作業台の部分を設け、それらの調理器具を使った作業を行えるスペースがあると便利です。棚の下部は扉の付いた収納スペースとして使え、天吊の戸棚までの空間は作業のために開けておくことも必要です。一家の主婦の仕事は調理ばかりではありません。背面空間の一部に、主婦が調理以外の仕事ができるコーナーを設置してと、役に立ちます。背面の一部にデスクを設け、イスを使えるスペースがあると、主婦はそこで調理の合い間に多様な作業ができます。