背面収納でキッチンを有効活用しよう

背面収納って聞いたことありますか?シンクやコンロのある作業台の後ろに収納を設けて、たくさんあるキッチンツールや食器、家電などを収納するのが背面収納です。キッチンタイプでいうとII型キッチンになります。収納物を取り出す動線が短くなるうえに、キッチン用品を集中収納できるのでとても便利です。ワークトップ付きの背面収納を選べば盛り付けや配膳などに使えて本当に使いやすいのです。コーヒーメーカーやオーブントースターなど、どんどん増えるキッチン家電の置き場所にも向いています。一度しまい込んでしまうとなかなか日の目を見ないミキサー類も出しっぱなしにしておけます。既製品やオーダーメイドなど選択肢も豊富な背面収納。調理中の「あれがない」「これがない」を解消して、家族の喜ぶおいしいお料理を作ってみませんか?

背面収納の使い方~家電置き場~

ワークトップ付きの背面収納は家電置き場に最適です。コーヒーメーカーやミキサーなどキッチン家電はどんどん増えますよね。なのに、キッチンのカウンターは限られていて、炊飯器や水切りカゴ、食洗器、電子レンジなどをおいたらいっぱいです。キッチンの背面にもう一つワークトップをもうけることで、置き場所に困っていたキッチン家電をすっきり配置できます。キッチン家電はメインにお料理をする人以外も使うことが多いですから、手の届きやすく、使いやすい位置に置きたいですよね。コーヒーメーカーやジューサーも出しっぱなしにしてあれば、使いたい人が自由に使えます。他にも盛り付けや配膳、調理中のものの一時置き場など多機能に使えますから、収納量は全面収納に及ばないものの、ワークトップ付き背面収納はなかなかの優れものです。

背面収納の使い方~全面収納に~

スペースにそれほど余裕がないものの、収納したいものはたくさんある!キッチン家電はそんなに持っていません!という場合は背面をすべて収納スペースに使う全面収納がおすすめです。キッチンの幅に余裕がない場合は収納の扉を引き戸にするといいでしょう。壁と同じような色味にすると圧迫感も軽減されます。食器や食材、飲料水のストック、テーブルリネン類まで、キッチンにしまって置きたいものはたくさんありますから、収納は余裕をもって設計しましょう。ただ、狭いキッチンで物の出し入れをする場合、重いものを上に置くと危険です。鍋類、食器は下に、お盆やお重、お菓子類など軽いものを上に収納しましょう。食品は左の扉、食器や調理器具は右の扉などと大きく分けておくと、自分以外の人が使うときも使いやすいです。見やすく、使いやすく整理して、収納を使いこなしましょう!