背面収納キッチンのメリットデメリット

背面収納のキッチンは、調理のために使用するガスレンジや台所の向かいに収納できるスペースを設け、人が調理などの料理を作っている場合、その背面に収納スペースを確保できるため、そう呼ばれています。集合住宅や戸建て住宅でもカウンタータイプも見られますが、そのほとんどは背面収納のキッチンを採用しています。カウンター越しからの見栄えも良く、料理をしている人は後ろを振り向けば皿などを容易にとることもできるので都合も良くなっています。もちろん料理を作る場合に料理に合った皿を探す作業が必要になりますが、振り向いて見渡すことができるため、どこに収納したかを解りやすい面もあります。背面収納のキッチンの魅力は、家庭でも混雑が想定される台所を広々とした空間にできる点で若い世代にも人気も高く普及しています。

背面収納のキッチンではスッキリと見せることが可能

背面収納のキッチンの魅力は、まず引き戸タイプにしておけばその引き戸を開けたまま調理を行うことが可能な点です。忙しいときなどに皿を用意する上でも楽に取り出すことができるので、調理をしやすい魅力があります。また調理をしない時は皿などに埃が被らないように引き戸を閉めておけばよく、引き戸を閉めればスッキリとした空間の演出を行うことが可能です。ただ一方では扉の開閉タイプも存在しますが、それだと開閉のためのスペースが必要となり、扉が開いた状態だと邪魔となることも多く、その点からも引き戸タイプにしておいた方が良いです。さらに扉の開閉タイプはスペースをとること以外に探し物で開閉を頻繁に行ってしまう可能性もあります。スムーズな調理作業を行う上では、扉の開閉タイプを極力避けた設計を行う方がベストです。

背面収納のキッチンでは建築コストを抑制することが可能

背面収納のキッチンは、収納に力を入れるタイプとなりますが、また背面でも料理作業が行える台を確保しておけば有効に空間を活用することも可能です。家庭内の台所で多いのは、盛り付けの皿を置く場所が無くなってしまう点です。その場合、背面に収納スペースの一部をテーブル化しておけば、そこで盛り付けの皿を置くことも可能です。切ったり焼いたり、皿などを洗ったりする作業を前面で行い、振り返った背面では盛り付け作業を行うといった具合に作業を分けることが出来て効率化しやすいです。また背面収納のキッチンは建築コストがかかるデメリットもありますが、総てを収納とするのではなく収納スペースを一部だけにして、建築コストを抑制することもできます。先ほどのテーブルを確保するなどに活用すれば、炊飯器や電子レンジなどの調理器具を置けたりも可能です。

ご希望に合わせた商品仕様により、価格の調整が出来ます。 ファミリー層など小さなお子様がいらっしゃるご家族様にも大変ご支持いただいております。 使い心地、使い勝手、そしてLDとの豊かな空間性を叶える家具のようなキッチンです。 家具メーカーのため、キッチンを含めたリビングダイニング全ての空間提案が可能です。 全店にてご相談を承れます。 使いやすさなら背面収納のあるキッチンを